<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

日本橋三越 de Shopping

我が社は毎週金曜日は"No残業day"となっております。
それで本日は終業と共に日本橋三越に向かってまっしぐら!!
そうです本館屋上にあるチェルシーガーデンで、
今はまっているイングリッシュローズ苗のお買い物。
David Austinの鉢苗は大体4200円でちょっとお高めですが、
何しろ近くのGCなんかのものに比べてしっかりしております。
都内なら送っても送料は300円/1鉢位とのことですが、
買ったら一日でも早く手元に置いておきたいもので、
下のような大きな長い紙袋に包んでハンドキャリーでお持ち帰りとなりました。
e0158919_23312450.jpg

2重にした紙袋を取ったところ。
これだけ見るとまさかバラ苗が入っているなんて想像できませんよね。
e0158919_23313283.jpg

しかーし!三越の紙袋から出てきた中身は!
あこがれのイングリッシュローズ!
グラハム・トーマスとウィリアム・モーリスの2鉢!!
e0158919_23313883.jpg

チェルシーガーデンのRose Listによりますと、
ウィリアム・モーリスは、「樹形=大型、アプリコットピンクでクラッシックな花形、
樹形は横張り性。耐病性があり強健。半日陰でも育つ。」とあり、
何とも頼もしい限りです。
e0158919_23314427.jpg

若干ですが新芽が出てきつつあります。
e0158919_23315065.jpg

同じくグラハム・トーマスは、
「樹形=ツル性、黄色の整った花形で丈夫で生育旺盛。大きくした方が秋の花つきが良くなる。
半日陰でも育つ。」です。
e0158919_23315638.jpg

株元あたりからシュートらしき芽が出てきています。
ウィリアム・モーリスより沢山の新芽を持っています。
e0158919_2332149.jpg

前回近所のGCで仕入れたアブラハム・ダービーは輸入苗で、
今回の2鉢は国産苗とのことで、輸入苗はゴボウ根ですが、国産苗は細い根が
沢山生えていて、これって生育が良いってことなんでしょうね。
ポット鉢に入れたこの状態で3月までもたせ、
根鉢を崩さずに植え替えしてくださいとのことです。
あと、現在我が家の鉢植えバラは全て完熟腐葉土でマルチングしてありますが、
その為1週間以上水遣りをしなくても腐葉土の下の土は湿っています。
このまま放置して良いものか、チェルシーのスタッフさんに聞いてみましたら、
湿っていたら水遣りはしないで良いというアドバイスでした。なるほど。
今回出費は2鉢で8400円。
小遣い制の一サラリーマンには、うーんと唸ってしまうこのお値段ですが、
チェルシー苗はそれでも納得の価格で満足できます。
ともあれ、今日買ったグラハム・トーマスと以前購入したピエール・ドゥ・ロンサールの
饗宴はいつのことでしょう。2,3年先にはなると思いますが、
とにかく夢は広がっていきます。
e0158919_2332725.jpg

[PR]

by olive_groves | 2010-02-13 00:12