カテゴリ:未分類( 88 )

 

オールドローズ2苗購入

昨日、村田ばら園でオールドローズ2苗を購入しました。
ルイーズオディエ(ブルボン) 樹長約60cm
e0158919_12514544.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエール(ノワゼット) 樹長約120cm
e0158919_12515225.jpg


今年の夏は我が家の鉢バラで、ツルミミエデン、ピエール・ドゥ・ロンサール、グラハム・トーマスは
葉が殆ど落ちてしまい、特に前の2種は庭の環境に合っていないのでは?と、
育て方・管理の至らなさよりバラのせいにして悶々としておりました。
そんな折、「オールドローズ好きのOld Roses」という本を購入したところ、
新たなバラの世界が目の前に広がってきました。
元々故村田晴夫先生の「つるバラのすべて」から入ったバラ栽培でしたが、
ブランドローズの誘惑に勝てず、イングリッシュ・ローズやデルバールの四季咲きバラを
中心に育ててきました。
しかし今、オールドローズに目が開かれました。

確かに購入した苗は2年苗とはいうものの、枝は細くか弱い感じですが、
そのしなやかさ、葉の美しさは以前購入したバラたちとは一線を画するものがあります。
これ、はまりそうですね。
何で今まで気が付かなかったのかと思います。

購入する際、村田先生の奥さまだと思いますが、とても気さくな方が園内を案内してくださり、
ベストな2苗を選定できました。
以前の八ヶ岳農場は、今は姫野ばら園として独立し別会社となりましたが、
今回もう1種欲しかったマダム・イザク・ぺレールは村田ばら園に在庫が無かったので
そちらにネット注文しました。
両バラ園で良い点は、1年中バラ苗の在庫があれば即納可能ということです。
やはり欲しい時すぐ手に入るというのは良いですね。
[PR]

by olive_groves | 2012-10-08 13:30  

ツルミミエデンやERが満開

ピエール・ドゥ・ロンサール
e0158919_1215138.jpg

グラハム・トーマス
e0158919_1213453.jpg

左がウィリアム・モーリス
e0158919_1221426.jpg

ナエマ
e0158919_121505.jpg

ミミエデン
e0158919_1222933.jpg

ツルミミエデン
e0158919_122740.jpg
e0158919_1224685.jpg
e0158919_122222.jpg

今年のバラシーズンも終わりに近づいています。
もうすぐイヴ・ピアッチェが咲き始めますが、これだけが遅咲きの様子。
オリーブの花も開花し、花粉を飛ばして結実準備をする時期。
その後、クレマチス ジャック・マニーが咲き、アジサイアナベルの白い花がチラチラすると
我が家の庭も梅雨の時期を迎えます。
[PR]

by olive_groves | 2012-06-03 01:23  

バラシーズン始まる

5/19(土)に撮影した写真です。これから月末に掛けてが我が家のバラハイシーズンとなりそうです。
先ずはERグラハム・トーマス。
e0158919_2214859.jpg

今週末が満開となりそうです。
e0158919_22144173.jpg

今一番期待の星は、デルバールのローズ・ポンパドゥール。
香りも、姿も素晴らしいの一言に尽きます。
大事に育てていきたい一株です。
e0158919_221572.jpg

ERアブラハム・ダービー
e0158919_221535100.jpg

ERダーシー・バッセル
e0158919_22162820.jpg

ERウィリアム・モーリス(上部はピエール・ドゥ・ロンサール)
e0158919_22201015.jpg
e0158919_22211067.jpg

これから、イヴ・ピアッチェやつるミミエデンが開花したら庭全体のバラの饗宴となります。
e0158919_22212499.jpg

[PR]

by olive_groves | 2012-05-21 22:21  

第14回国際バラとガーデニングショウ

今年で3度目、国際バラとガーデニングショウに行ってきました。
ブログの更新も9ヶ月目ということで。。。

先ずはキャス・キッドソンのシンボルガーデン「秘密の庭」で咲いた黄色のバラから。
e0158919_1310033.jpg
e0158919_12482558.jpg
e0158919_12481589.jpg
e0158919_1249536.jpg
e0158919_12484574.jpg

デルバールのギー・サヴォア
e0158919_1250299.jpg

ローズ・ポンパドゥールですが、色がカタログより薄い感じです。
e0158919_12494582.jpg
e0158919_12512957.jpg
e0158919_12514121.jpg
e0158919_12514949.jpg

ドリュ社のアン・プラント
e0158919_12521380.jpg

e0158919_1253539.jpg

河本バラ園 パープルレインは額に映し出され絵画のように。。
e0158919_12533962.jpg
e0158919_12552563.jpg
e0158919_12564924.jpg
e0158919_1257125.jpg

デビッド・オースチンの名花、ガートルード・ジェキル。
e0158919_12571273.jpg

そして、プリンセス・アン。鮮やかな両花はこのコーナーで目を引いていました。
e0158919_12574063.jpg

F&Gローズコーナーには今や趣味の園芸でも有名な小山内健さんが。
和と洋のライフスタイルと銘打ってのデザイン。会期中はあまり見ない光景ですが、
水圧を掛けてバラに水遣り、葉にも当ててましたが、来場者の質問攻めに。
水遣りしながら口を開くやすぐに小さなブース内は人だかりができました。
「バラはその日の気分で和にも洋にもできる。水を掛ければ和になります。
このようにもみじに合わせても全然違和感はありません。」
等々、さずがこの人流のセンスが周りを引きつけます。
e0158919_1258208.jpg
e0158919_12585371.jpg
e0158919_12595991.jpg
e0158919_1305939.jpg
e0158919_1303691.jpg

キャス・キッドソンのデザインガーデン。
来場者の憧れが詰まった素敵なガーデンでした。
e0158919_1313442.jpg
e0158919_1314770.jpg
e0158919_1315757.jpg

そしていろいろなガーデンデザイナーによる庭の数々。
e0158919_132832.jpg
e0158919_1323684.jpg
e0158919_1332363.jpg
e0158919_1333490.jpg
e0158919_1352682.jpg
e0158919_135471.jpg
e0158919_136088.jpg
e0158919_136163.jpg
e0158919_1365047.jpg

ケイ山田さんのデザインガーデン。
e0158919_1373080.jpg
e0158919_1381836.jpg

再びキャス・キッドソンコーナーです。
今度は長い列に並んでオープンガーデン気分で散策です。
e0158919_1391869.jpg
e0158919_13105989.jpg
e0158919_13111083.jpg
e0158919_1312124.jpg
e0158919_1314551.jpg

バラの名門メイアン家のアラン・メイアン氏の講演。
毎年100万本の中から1本の選出された新種が発表できれば良いと、
その苦労と夢を語りました。福島の復興を願い発表した新種「アライブ」は、
多花で強い品種。その心の丈を語られました。
口々に消毒せずに育てられるようなバラを世に出していく、
バラは元々自然にあったもの。
これからも優れた、愛されるバラを作出するのは、
我々の使命であり、やめることはできないと力強いメッセージでした。
e0158919_13144619.jpg

[PR]

by olive_groves | 2012-05-13 13:16  

軽井沢タリアセン

引き続き13日に訪れた、軽井沢タリアセン。
昨年も同時期に来園しましたが、村田ばら園、バラクラに次ぐ
ハシゴだったため、閉演時間5時のところ4時過ぎの入園です。
e0158919_14515533.jpg

まぁローズガーデンの場所はわかってますので、
早足にイングリッシュローズガーデンにたどり着き、
そこからはバラたちを確かめながらゆーくりと散策。
e0158919_14521779.jpg

ERベンジャミン・ブリテン 2001年作出
カタログでは1.2mx90cmとなってますが、
写真のように2m近くになりつるバラとしても扱えるようです。
赤とオレンジの中間色が魅力的です。
e0158919_14522722.jpg
e0158919_14523816.jpg

ERセント・セシリア 1987年作出
暑い中このようにきれいに咲く優れた品種。
e0158919_14524813.jpg

e0158919_1543894.jpg

e0158919_1453192.jpg
e0158919_14531254.jpg

御代田を9時にスタートし、3軒はしごはかなりキツかったですが、
フリーの時間バラ三昧できた夏休みの一日でした。
自宅のバラたちは虫で葉がボロボロになっていますが、
ニームオイル、アグリチンキを交互に散布して、
ようやく新芽が動き始めたところです。
これから涼しくなる季節できるだけ健康な葉を増やし、
秋バラシーズン到来を待ちたいと思います。
[PR]

by olive_groves | 2011-08-20 15:17  

バラクライングリッシュガーデン

8/13同日、村田ばら園八ヶ岳農場を後に、
諏訪から佐久に戻ることにし、
ビーナスラインを登り始めた右手に
あのケイ山田のバラクライングリッシュガーデンがありました。
入場料大人1,000円は少々高いなと思いつつも払い、
約30分間の散策でした。
順路があったようですが、私は全く逆に進んでしまったようです。
e0158919_18322981.jpg
e0158919_18325060.jpg

イベントホール対面にある「バラのガゼボ」
e0158919_1833735.jpg
e0158919_18332071.jpg

メドウ(Meadow)にあるパビリオン内の寄せ植え
e0158919_18333637.jpg

e0158919_1833491.jpg

「バラのパーゴラ」
e0158919_1834318.jpg
e0158919_18341880.jpg

「ロングボーダーガーデン」の花々
e0158919_18343232.jpg
e0158919_18344788.jpg

「レース・ガーデン」に咲くアナベル他白い花々
e0158919_18351375.jpg

「グラベル・ガーデン」
e0158919_18352548.jpg

「グラベル・ガーデン」側から見たレース・ガーデンへの入口
e0158919_18353934.jpg

「レース・ガーデン」の入口。
なるほどこうして見ると、順路が逆だったことがうなずけます。
つまりこの写真から逆に上に辿っていくと、
本来の庭園のストーリが垣間見えることになるんですね。
e0158919_18355232.jpg

猛暑の最中、庭を楽しむというより涼しい場所を探して
くらくらしながら徘徊しただけという感じになってしまい残念でした。
やはりバラが咲いてる暖かい(涼しい)時期に訪れるべきですね。
それでもある程度お客さんがいましたから
夏の庭は見どころもあるのかもしれませんが…
村田ばら園に圧倒された直後の帰り道でしたから、
ただ入場料1000円は高いなとつくづく思った次第です。
[PR]

by olive_groves | 2011-08-19 19:15  

村田ばら園八ヶ岳農場

8月13日、次女を長野県御代田の中高生キャンプに送り届け、
一人で行ってきましたよ、村田ばら園八ヶ岳農場。
御代田から佐久、蓼科高原、白樺湖を抜け、片道約80kmのドライブ。
山谷を越えて現れたいかにも農地に適した、
日も燦々と降り注ぐゆるやかな斜面一面に農場はありました。
e0158919_13432287.jpg
e0158919_1343436.jpg

ひとこと感想としては、“広い”につきます。
つるバラコーナーなどは、いけどもいけども奥があり、
その背景には全国につるバラ愛好家が多いことを思わされました。
また、一歩足を踏み入れて気づくことは、その土の柔らかさ。一面ふかふか。
これって元からなのか、手を加えられたのか。
後者だとすると相当な作業だったことでしょう。
e0158919_13435742.jpg

「このハウス内のバラは親木育成中につきすべて非売品です」
e0158919_1344924.jpg
e0158919_13442454.jpg

ここで育てられたバラ苗はしっかりと育てられていて、
安心して購入することができると実感しました。
e0158919_13444042.jpg

多くの生産苗は下の画像のようにポット苗を土に埋めたようになっていました。
乾燥を防ぐためでしょうか?
e0158919_13445160.jpg
e0158919_1345482.jpg

そして何と言っても山から降りてくる自然の湧水が豊かなこと!
写真は側溝に流れる水ですが、これ飲めるほどきれいな天然水です。
これならいくら撒いても水道代を気にすることも無いのです。
e0158919_13451766.jpg

この水を一度タンクに溜め、ポンプで圧力をかけホースで散水しています。
私が到着したのは11時半頃で、帰る12時頃には皆さん水遣りを終え、
昼休みに引き上げて来られていました。
e0158919_13453297.jpg

とにかく今回無理をしてでも行ってみてよかったです。
何しろこの地に広大なバラ農場を作られた村田先生は、
まさにバラを愛してやまない方なんだなと思いました。
そして何よりもそのバイタリティには脱帽します。
長い月日を経て、着々と苗木の数を増やしているのが感じ取られ、
数えきれないほど多くの品種を生産され、
その農場自体が立派なバラ園を形成していました。
e0158919_13455098.jpg

[PR]

by olive_groves | 2011-08-18 14:17  

ジャックマニー開花

5月の国際バラとガーデニングショーで買った、
クレマチス、ジャック・マニーが開花しました。
青空を背景にパープルの色がとても映え、きれいです。
e0158919_11491825.jpg

バラはどれもコガネムシの被害を受け、
葉っぱが網目状態で悲惨な状況です。
コガネムシは見つけ次第補殺していますが、
次から次へと飛んでくるようです。
特にナエマの被害は尋常ではなく、
殆どの葉がやられています。
なんとかならないものですかね~。
[PR]

by olive_groves | 2011-07-23 11:53  

バラが満開です

今日は実家の母親と妹が我が家のバラを見に来てくれました。
というよりも、そろそろ花が終わっちゃうので無理やり呼んで来てもらったというのが正直なところです。
それに、一年の成果と言えるほど大げさなものではありませんが、
こんな風に育てたバラを人に見せて喜んでもらえるのは、
ガーデナー冥利に尽きることだと思います。
花というものはたとえ一輪でもそれ自体に完全な美しさがありますので、
人の心を動かすのだと思いますし、私ごときは何もしていないのに等しく、
本当にただただ楽しませてもらっているだけということを実感しています。
そんなわけで、それぞれにバラを楽しんで、ランチを共にし、
おまけに母は我が家の娘たちにおこずかいを落として帰っていきました。
e0158919_19342947.jpg

うちのバラの中では、アブラハム・ダービーが一番香りが良いといわれました。
私もそう思います。今後まだ小さな鉢苗ではありますが、イヴ・ピアッチェのような香りの強いバラも次の成長を待たれます。このあたりがもっと大きくなって沢山のの開花がされれば、
庭中がもっと素敵な香りで包まれることでしょう。
e0158919_19344111.jpg
e0158919_19345321.jpg
e0158919_1935562.jpg
e0158919_19351531.jpg
e0158919_19353262.jpg
e0158919_19354491.jpg

もう少しでミミエデンとツルミミエデンが咲き始めます。
[PR]

by olive_groves | 2011-05-21 20:04  

国際バラとガーデニングショー2011

昨年に引き続き、国際バラとガーデニングショーに行ってきました。
5/13(金)9時半過ぎに到着。直近の駐車場は8割の入りといった感じ。
入場して30分もすると混雑ですごい熱気と活気であります。
今の日本が立ち上がる力はここにあったか!と思うほどでした。
e0158919_122318.jpg

片岡鶴太郎の水彩画「モネの庭」を阿部容子が具現化した素敵な庭。
e0158919_1223836.jpg

David Austin社制作のイングリッシュローズでつくる~ファイブ・フレグランス・トレイル~
e0158919_12231455.jpg

ウィッチフォードポタリー主宰 ジム・キーリングの寄せ植えコーナー
e0158919_12232056.jpg

ジムさんの寄せ植えセミナーもバラクラショップ前で聞かせてもらいました。
20分程度の短い時間でしたが、植栽する植物の背丈を3つのカテゴリーに分け、
次に葉のカラー、形の組み合わせのやり方、と考え方を説明してくれました。
なるほどとうなずくオーディエンスの方たちも多かったと思います。
e0158919_12232593.jpg

あとはいくつか印象に残った作品です。
e0158919_12233086.jpg
e0158919_12234035.jpg
e0158919_12234979.jpg

そして今回のテーマは~心惹かれるバラの香り~。
特に香りがとても良かったのがギヨー社のバラたち。
まず同社ジェネロサシリーズのアマンディーヌ シャネル。
e0158919_12235983.jpg

そして強香のラデュレ。この二つは庭で咲かせたい品種です。
両方とも香りが奥深いというか、血筋が違うというか、とにかく気高い感じがしました。
e0158919_1224634.jpg

ギヨー社にはつるタイプになりそうなフィオナゲランという品種もあるんですね。
これなんかも良い香りがするんです。こればかりは見た目だとわかりませんね、
行って手で触れてその芳しい香りを体験できる。国バラはこれにつきると思います。
e0158919_12242038.jpg
e0158919_12242885.jpg

そんな中で美しさでは抜き出た存在だったメイアン社のイブ・ピアッチェ。
ただこれ切り花専門の色目で正式にはピンク・イブ・ピアッチェというらしい。
というのもメイアン社の代理店である京成バラ園のブースが隣にあり、
イブ・ピアッチェの新苗も売ってたんでこの流れで買って帰ろうと思いましたが、
商品タグの写真を見たら先ほどの花色と違うんで聞いて確かめたんです。
e0158919_12243587.jpg

で、鉢バラ用のイブ・ピアッチェは下の写真のような花でフリルのある花弁と、
切り花用品種よりピンクが均一に出ており、あの淵ににじむような感じではありません。
e0158919_12244245.jpg

でもでも。。。帰宅後それを十分理解した上で、近所のマリポサでイブの大苗鉢を購入。
結局あの香りの存在感は切り花用と変わらない強さがあったからです。
とにかく庭で咲かせてみたいのです。
e0158919_12244935.jpg

国バラではバラ苗は買いませんでしたが、クレマチス ジャックマニーの3号ポットを一つ購入。
すぐにリッチェルの6号鉢に植え替え。秋ごろには咲いてくれますかね~。
e0158919_12245631.jpg

最後に今日の我が家の庭のバラたち。
ERアブラハムダービー
e0158919_1225434.jpg

ERフォールスタッフ
e0158919_12251135.jpg

ERダーシーバッセル
e0158919_12251755.jpg

ERウィリアムモーリス
e0158919_12252697.jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール
e0158919_12253438.jpg

ERグラハムトーマス
e0158919_12254229.jpg

今回国バラでは、バラとオリーブの組み合わせが何か所か見られました。
私のブログのテーマでもありますけれどもそんな展示作品を最後に一枚。
e0158919_12255234.jpg

[PR]

by olive_groves | 2011-05-14 12:25