オリーブガーデニング教科書

昨年9月でしたか、オリーブの幼木を購入し、
右も左もわからないワタクシに、
オリーブ栽培のイロハを教えてくれた、書籍三冊の紹介です。
e0158919_21471788.jpg

購入した順にご案内いたします。
①「育てる・食べる・楽しむ まるごとわかる オリーブの本」 岡井路子著
  主婦の友社 1,600円
②「そだててあそぼう79 オリーブの絵本」高木眞人著
  農文協 1,800円
③「育てて楽しむ はじめてのオリーブ」岡井路子著
  主婦の友社 1,300円
気が付いたら、消費税入れて5000円も本買っちゃいました。。。
なんで3冊も同じような本買ってしまったかと申しますと、簡単です。
この3冊、似ているようで、少しずつ違うからです。
①は全般的な解説で、素敵な写真が沢山載ってます。後半イタリア在住の朝田今日子さんの料理レシピやエピソードが彩を添えてます。
②は写真でなく前編かわいいイラストです。
内容は結構専門的でいて、絵のせいかとても判り易い。
栽培ごよみや、漬物の作り方等、目で見て感覚的に理解できます。
③に関しては、やはり剪定に関する解説が秀逸ですね。
ちょっと探した感じでは、日本語の関連書は上の3冊ぐらいじゃないかな。
ですんで今、ちょっと大きな書店に行くと、真っ先に洋書コーナーに行き、
オリーブに関する外国の本を探しています。
でもなかなかめぐり合えないですね。やはりアマゾンとかで探さなきゃだめかな。
とりあえずは、一人のんびり、まったりと、
この三冊をぱらぱらめくって過ごす時間も悪くないなあと思うこの頃でございます。
[PR]

by olive_groves | 2009-02-16 22:14  

<< お台場のオリーブ 吉祥寺本町のオリーブ >>