春の庭

杉花粉の飛散が少しずつ弱まり始める今日この頃、
やっと庭いじりが心置きなくできるようになります。
先ずは春到来を告げるチューリップの開花から。
e0158919_18272176.jpg

シェードガーデンにはムスカリがかわいく咲いています。
e0158919_18273472.jpg

昨年春に植えたシバザクラは今年も元気に咲いています。
我が家の庭が気に入ってくれたのでしょう。
e0158919_18274226.jpg

我が家のシェードガーデンはまだまだ発展途上。
ポール・スミザーの「日陰でよかった!」を読んで勉強しよう!
でも理想には程遠いようです。徐々に徐々にゆっくりと作り上げていきましょう。
e0158919_18275040.jpg

新しい仲間。淡いグリーンのヒューケラとカレックス。
e0158919_1828439.jpg

アナベルも新芽を元気に展開しています。
少し前まで、枯れてしまったかのような状態でしたが、
これが初夏には大きな白い花を咲かせてくれるのでしょうか。楽しみです。
e0158919_18281699.jpg

そしてそして、バラたちのシュートです。
ERウィリアム・モーリスは今年は期待してます。
昨年はまだ本領を発揮できていなかった一鉢ですが、
なんだかやってくれそうな気配。
e0158919_18282774.jpg

次から次へと横枝を展開しツルを伸ばしてくれたツルミミエデンは、
早くも2本のシュートが株元から出現しています。どこまで大きくなるのでしょう。
e0158919_18283478.jpg

最後にピエール・ドゥ・ロンサールのシュート。
e0158919_18284085.jpg

その他ハーブ類もどんどん地植えさせていますので、
その成長ぶりも今後報告していきたいと思います。
そして来月には本格的なバラの開花が見られます。
[PR]

by olive_groves | 2011-04-10 18:48  

<< デルバール“ナエマ” バラの枝に白い粉 >>