生田緑地ばら苑

秋晴れといっても日中はとても暑かった今日、
向ヶ丘遊園跡地にある生田緑地ばら苑に行ってきました。
村田晴夫さんも学校を卒業後こちらに就職されバラ学を学ばれたとか。
小田急線向ヶ丘遊園駅からバスで約10分で到着と思いきや、
生田緑地入門口から急な勾配を約5分の山歩きし、
その後急な階段を107段のぼらなければバラ園を見ることはできないのでした!
運動不足の自分にはとても良い運動で、いい汗かきました。
e0158919_1844541.jpg

全体的には5分咲きといったところでしたが、
四季咲きHT系はほぼ満開に近かったです。
さっそく入口付近でヘルムートコールローズ(独:タンタウ1996年作出)がお出迎え。
e0158919_18441361.jpg

そしてこちらは同社のアシュラム(1998年作出)きれいな色ですね。
e0158919_18442097.jpg

ひときわ赤が美しかったイングリッドバーグマン(デンマーク)
e0158919_18442795.jpg
e0158919_18443546.jpg

そしてお目当てのイングリッシュローズコーナーでしたが。。。
e0158919_18444439.jpg

ご覧の通り殆ど花らしい花は見ることはできませんでした、残念。
その為ばら苑にいた時間は正味40分程度でしたでしょうか。
e0158919_18445128.jpg

植栽品種はアブラハムダービー、ダーシーバッセル、エグランタイン等々
それでも20~30種類くらいあったような気がします。
e0158919_1845316.jpg

その中でもちゃんと咲いていたのがこのザ・ダーク・レディー。
e0158919_1845966.jpg

白いアーチに誘引されていたのはアンクルウォーター。
e0158919_18451758.jpg

このつるバラのポール仕立てコーナーを見るとやっぱりつるバラは
大きくなるんだなあと実感します。下写真のポールは約3mの高さです。
うちにもつるバラは何種類かありますが狭い庭ではやはりシュラブ系くらいが適しているのかもしれません。
e0158919_18452666.jpg

今回初めて生田ばら苑に来ましたが是非次回はイングリッシュローズ満開の5月に再訪したいと思います。
e0158919_18453522.jpg

[PR]

by olive_groves | 2010-10-16 20:02  

<< 2011新年。明日から仕事始め。。 ERダーシー・バッセル >>