ツルミミエデンのサイドシュート

夏本番となり朝から猛暑となりました昨日そして今日。
どうやら今週一杯この天気が続く模様です。
三連休を終え明日からの出勤が思いやられます。。

さてロゼアポット300で育てているピエール・ドゥ・ロンサールは、
シュートが他の枝長を越え、ぐんぐんと伸びています。
今、アーチを買おうか、それとも鉢増しが先か、
バラ初心者の私は、いつも行動にするまでがじれったいのです。
アーチにしても構想では芝生の上では無く、タイル地の上で安定するタイプに
しようと思っていますが、そうすると地面にアンカーで固定する通常のアーチに
比べてせいぜい190cm高と小さなものが多く、ピエールだと物足りない大きさです。
さてさてどうしたものか。この悩みが園芸初心者にとっての日々の成長の糧なのでしょうか。
e0158919_12122084.jpg

ツルミミエデンは2鉢買ったうち、この株だけシュートが元気です。
京成バラ園の通販で購入した株は全然駄目でした。
今ではすっかり株が弱り、シュートらしいシュートも出てこないままです。
何でユニディーで買った方が逞しく育つのでしょうか?
京成株はゴボウ根の苗だから難しかったのか?
でもツルミミエデンの花って写真で見たイメージより本当に小さくて、
それこそびっしり咲かないと見ごたえが無い感じです。
京成バラのカタログのあの写真に惹きこまれて買った人多いはず。
あそこまで咲かすには何年か掛かりますよね。

ピンクのバラも良いけれど、そういうわけで最近物足りなさを感じており、
やっぱりと、真っ赤なつるバラに心がなびいてカタログで物色をしている日々。。
e0158919_12122773.jpg

とはいえサイドシュートがぐんぐんと来てます。
これまでお付き合いしたんだから最後まで面倒見なくちゃね。
そうなると、そろそろ鉢増ししないと駄目かな。いいのかなぁ、真夏の鉢増し。
陽炎のようにゆらゆらと心がゆれています。。
e0158919_12123328.jpg

[PR]

by olive_groves | 2010-07-19 12:39  

<< 軽井沢タリアセン イングリッシ... 梅雨の晴れ間に >>