<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

夏のバラ

先週京成バラ園で買った、timeless'98が残暑もなんのその、
次々と蕾を開花させています。花数を(蕾を含めて)数えると15ありました。
花屋さんでバラって一輪300円以上しますから、
一鉢3000円で購入して、これだけでも元が取れたと満足してます。
土やら肥料やらで全部で付帯費用は7000円程掛かってますけどね。
そんなことはさておき、まさにバラは花の女王といわれるだけあって、
一鉢でこうも人の心を惹きつけてしまいます。
e0158919_18195877.jpg
e0158919_1820736.jpg
e0158919_18201776.jpg
e0158919_18202534.jpg

只、この時期 花をそのままにしていると、
秋のバラシーズンまでに株が弱って花が少なくなるのだそうです。
今週の趣味の園芸で言ってました。早速終わりそうな花を一つパチンと切りました。
これからの予定としては、秋から冬にかけて、
専用庭の芝生スペースの角部分をバラ地植えスペースにして、
少しずつ広げて行ければと思ってます。
土壌改良剤をすきこんで、牛糞をすきこんで、ふかふかの土作りができれば
バラも喜んでくれますね。心配なのは、専用庭 芝生下の固い土とその下のゴロ石が、
どの程度の状態かということです。
伸びてきた芝生を夕方バリバリ刈りながら、あれこれと思いは膨らみます。
京成バラ園の人に聞いたら、地植えの場合、
口径50cm、深さ50cm程掘れれば理想的とのことでした。大丈夫かなぁ?
この難問を乗り越えてこそ、専用庭ガーデナーとして一皮剥けることができるのでは?
[PR]

by olive_groves | 2009-08-29 18:21  

京成バラ園(追記)

先日に引き続き、22日京成バラ園で撮った写真を公開します。
当日妻と次女はTDLに送って行きましたが、
デジカメはそちらに持たせた為、バラの写真は全て携帯で撮ったものです。
お陰でかなり画像解像度が低いので本来の美しさを
半減させてしまい心苦しい限りですが、
雰囲気だけでも味わっていただければと思い掲載しました。ご容赦ください。

京成バラ園では、品種の書いてあるプレートが必ず株元に差してあります。
以下の写真は、品種名に続き、そのバラの写真を連ねてあります。
e0158919_2130248.jpg
e0158919_21303529.jpg

e0158919_21304383.jpg
e0158919_21305024.jpg
e0158919_2130576.jpg
e0158919_2131454.jpg
e0158919_21311033.jpg
e0158919_21311783.jpg
e0158919_21312472.jpg
e0158919_21313091.jpg
e0158919_21313654.jpg
e0158919_21314415.jpg
e0158919_213151100.jpg
e0158919_21315659.jpg

園内には自然風庭園があり、飽きずに散策できるよう工夫されています。
下の写真、ちょっとモネの絵にありそうな風景ですよね。
e0158919_213222.jpg
e0158919_2132882.jpg
e0158919_21321317.jpg
e0158919_21322061.jpg
e0158919_21322799.jpg

次回行く機会には、必ずデジカメで撮ってきます。
何せ今回撮った私の携帯は3年前の携帯で、
解像度は131万画素ですので。。悪しからず。
[PR]

by olive_groves | 2009-08-25 21:32  

Timeless '98 購入

8/22早朝、妻と次女をTDLに送っていき、
その足で千葉は八千代の京成バラ園に行ってきました。
オリーブを植えた男は今バラに行き着いてしまいました。
8月はオフシーズン(入園料300円)とはなっていますが、
まだまだ沢山の夏バラが美しく咲き乱れておりました。
e0158919_1212829.jpg

e0158919_12112526.jpg

e0158919_1220889.jpg

バラ園は10時オープンですが、この日は8時から剪定講座があり、
20名程のバラ愛好家の方々が、熱心に受講されていました。
剪定実技指導は、バラ園内の生垣で行われており、
私は側で見学していましたが、誰一人こちらに目配せもしません。
尋常でないものすごい熱気が伝わってきて、
このバラ園が今年で創立50周年を迎えた意味がわかりました。
根強いファンによって支えられているのですね。
それにしてもバラの美しさのみならず、その上品な香りは、
にわかバラファンである私もぐいぐい引き寄せられる一種の魔力を感じます。
先日カタログを取り寄せてはいますが、苗木を注文しても来春届けになるかもしれません。
ここは手ぶらでは帰れないと思い、
思い立ってタイムレス'98というHT系の真っ赤なバラを購入。
1996年からアメリカのJ&P社が発売している四季咲き大輪系種。
一鉢(7号)3000円とお手ごろ価格でした。
やはり実際に足を運んで購入した方が、掘り出し物に出会えるし、
何といっても、出会いというか、インスピレーションで選べるし、
見て、触れて、本当に気に入ったバラを購入できることは良いと思います。
e0158919_1127996.jpg

バラの栽培は初めてですと言いましたら、お店の若い男性が、
親切丁寧に植え付けを一から教えてくれました。
e0158919_1127198.jpg

オリーブと違い、バラは水やりも土だけにそっとかけ、
また、病害虫も多いので殺虫殺菌剤が必要になります。
剪定バサミも片刃のしっかりとしたものを用意しなければならない等々、
これは‘薔薇道’と呼ぶにふさわしい、
一筋縄ではいかない雰囲気。一抹の不安を抱えながらも、
その美しさに魅せられ、気が付けばあっさりとレジを済ませている自分。。
翌日10号鉢に植え替え、さあこれからどんどん綺麗な花を咲かせて欲しいものです。
e0158919_11272616.jpg

オリーブ一辺倒から、今かなりバラになびいている今日この頃です。
[PR]

by olive_groves | 2009-08-24 11:27  

残暑オリーブ

長野県 浅間山麓の御代田に1泊旅行に行ってきました。
それまで曇り空だった東京を後にし夏休みのリフレッシュができました。
帰路 渋滞を避けて昼前 佐久インターより早めの出発。
渋滞は殆ど無く、あきる野インターまで2時間足らずで到着。
but, 涼しい山の気候とは打って変わって何という蒸し暑さ!!!
案の定、自宅専用庭の鉢植えの植物達はぐったりとしていました。
急いで給水活動に汗し、何とか枯死だけは免れました。
只、やはりオリーブは強いですね。
土は乾いてましたが元気そのものです!

さて、成長記録ですが、ルッカの実もだんだんとしっかりしてきました。
早く黒く熟したオリーブの実が食べたいです。順調順調。
e0158919_17241951.jpg

ミッションは分枝がすくすく伸び、今後このうちのどれかを主幹として仕立てていきます。
e0158919_17243134.jpg

ネバディロ・ブランコも沢山の若枝が元気良く上へ生長してます。
1ヶ月前頃、下向きの枝は剪定してあります。
e0158919_17243988.jpg

うちの庭の植物たちは一切農薬を使っていません。
そのせいでこのところ様々な虫がオリーブを襲ってきます。
見つけては捕殺の毎日ですが、この暑さ。。
それに一日中見張っているわけにもいきません。
さすがに農薬を使ってみたくなります。
それでもオリーブって病気もあまりありませんし、手が掛からない植物ですね。
すくすく育ち、3年も育てたらかなり大きな株になってしまいそうです。

ところでこのところ気になっているのがバラです。
今日もガーデニングショップでバラの苗を物色してました。
まずは鉢植えの苗を購入し、専用庭をバラの花で飾るのを夢見、
バラ初心者の私は胸を躍らせている今日この頃です。
でもバラって難しそーだな。

P.S. さっき、京成バラ園のカタログを注文しました。
[PR]

by olive_groves | 2009-08-17 17:25