オールドローズ2苗購入

昨日、村田ばら園でオールドローズ2苗を購入しました。
ルイーズオディエ(ブルボン) 樹長約60cm
e0158919_12514544.jpg

マダム・アルフレッド・キャリエール(ノワゼット) 樹長約120cm
e0158919_12515225.jpg


今年の夏は我が家の鉢バラで、ツルミミエデン、ピエール・ドゥ・ロンサール、グラハム・トーマスは
葉が殆ど落ちてしまい、特に前の2種は庭の環境に合っていないのでは?と、
育て方・管理の至らなさよりバラのせいにして悶々としておりました。
そんな折、「オールドローズ好きのOld Roses」という本を購入したところ、
新たなバラの世界が目の前に広がってきました。
元々故村田晴夫先生の「つるバラのすべて」から入ったバラ栽培でしたが、
ブランドローズの誘惑に勝てず、イングリッシュ・ローズやデルバールの四季咲きバラを
中心に育ててきました。
しかし今、オールドローズに目が開かれました。

確かに購入した苗は2年苗とはいうものの、枝は細くか弱い感じですが、
そのしなやかさ、葉の美しさは以前購入したバラたちとは一線を画するものがあります。
これ、はまりそうですね。
何で今まで気が付かなかったのかと思います。

購入する際、村田先生の奥さまだと思いますが、とても気さくな方が園内を案内してくださり、
ベストな2苗を選定できました。
以前の八ヶ岳農場は、今は姫野ばら園として独立し別会社となりましたが、
今回もう1種欲しかったマダム・イザク・ぺレールは村田ばら園に在庫が無かったので
そちらにネット注文しました。
両バラ園で良い点は、1年中バラ苗の在庫があれば即納可能ということです。
やはり欲しい時すぐ手に入るというのは良いですね。
[PR]

by olive_groves | 2012-10-08 13:30  

ツルミミエデンやERが満開 >>